医師:内科医募集

病院長挨拶 小松崎薫より

小松崎 病院長_写真

地域医療構想、病床機能再編など、2012年以降、療養病院群にも大きな変革の波が押し寄せております。
1993年よりスタートした超療養病床群も20年の歳月が流れ、より清廉さ、より高品質な医療提供をする必要に迫られております。

これからの療養医療に必要なのは、重症な患者さんをより多く診る事、そして、その患者さんを社会復帰(退院)させる事が求められております。
現状、国の制度では、在宅医療と介護施設が多くの患者さんにとっての最終的な受け皿として設計をされておりますが、人口減少が著しい地方では、国の描く施策通りに実施するには、人も施設も足りていないのが実情です。

しかしながら、我々の医療が必要な患者のニーズがあり、その為に創意工夫をしていく必要があります。
当院はいち早く、重症患者を集める為に、渉外部門を設立し、東京などの都市部からの医療度の高い患者を集めると共に、病院として必要な医療を提供できる体制を構築しております。
今年より人工呼吸器をメインとした病棟を開設し、時代のニーズにそくした医療を提供していきたいと考えております。

地域医療の中心は、我々のような療養病院の頑張り次第で大きく変わってくると思っております。
是非、当院で一緒に地域の医療を支え、そして新しい療養病院作りに携わって頂ける医師を広く募集したいと考えております。

情報発信に力を入れておりますが、ご不明な点があれば、是非お問合せください。

当院の特徴

当院で募集する内科医の業務としては、大きく分けて「外来」と「入院」となります。
療養病院としては珍しく外来患者が多く来院しております。(1日60名平均)
週2~3コマ程度の一般内科の外来をお願いできればと思います。
特段、専門的な外来は開設をしておりませんが、ご希望がございましたら、検討をさせて頂きます。

入院診療については、医療療養151床、及び、50床の転換型老健施設(仮定)となります。
受け持ちとしましては、入院患者40~50名程度をお願いできればと思っております。
また今年より人工呼吸器の患者の紹介を積極的に受けており、専門病棟として40床がございます。
今後の療養病院では、こうした医療度の高い患者対応は必須であり、当院としても、こうした医療を必要とする患者の集患に力を入れていきたいと考えております。

またご存知の通り、在宅復帰50%以上でなければ集患もままなりませんので、看護師や事務スタッフと協力をして、病院内のマネジメントにも力を奮って頂きたく考えております。
急性期病院とは異なり、医師の裁量は診療のみならず、組織のマネジメントや地域社会といった視点での仕事も必要となってきております。
あるべき医療の姿を追求する上で、当院のような療養病院こそ、その役目を担うに相応しいと考えております。

それと好評を頂いておりますのは、常勤の先生方、一人一人に個室を提供させて頂いております。
自分の空間が病院内にあるのは、医師としてプラスの側面が大きいポイントではないかと思っております。

⇒ 外来患者の推移
⇒ 入院患者の推移

採用条件

医師:内科医

参考給与 1500万円以上(医師15年目以上、参考)
勤務 週5日
勤務時間 平日09:00~17:00(休憩1時間)
当直 週1回(手当0000円/回)
休日休暇 土日祭日、年末年始、夏季休暇
諸手当 交通費支給、社宅完備
福利厚生 社会保険完備、院内に個室提供
学会活動 年1回まで出張扱いで可
退職金 なし
お問い合わせ画像